「一度はお尻の穴に入れてみたいなぁ」…そんな欲望を隠し持つ男性は、たくさんいると思います。やっぱり前の穴のほうが魅力的に感じるでしょうが、慣れてくるといろんな経験を積みたくなるので、そうなると後ろの穴にも興味を持つでしょう。

なお、お尻の穴にも入れられたことのある女性というのは、かなり少ないです。普通にセックスをしているとなかなか経験することはないし、なにより誘われたからといってすぐに応じる女性は珍しいでしょう。

仮に男性経験が多い女性であっても、お尻の穴に入れたいと言われたら躊躇するのが普通です。私の元カノも風俗嬢だったので経験はかなりありましたが、アナルセックスは未経験であり、私がお願いしても受け入れてはくれませんでした。

風俗にはアナルのオプションを用意したお店が多いので、風俗嬢なら普通に経験していると思ったのですが…アテが外れました。そんなわけでこれまでは普通のセックスしか経験していませんでしたが、ついにアナルへ入れるチャンスが到来したのです。

私にはセフレ掲示板で見つけたセフレがいたのですが、この女性もアナルセックス自体は未経験でして、簡単には受け入れてもらえないと思っていたのですが…セックスの際はお尻への指入れをねだることがありまして、「それならアレも受け入れてくれるのでは?」という期待に包まれたのです。

早速アナルセックスについて相談したところ、「指ならともかく、アレは太いからちょっと怖いかも…」と言ってました。しかしながら、お尻でも感じられるというのはアナルセックスをするための素質としては十分でして、私は時間をかけて説得しました。

そしてついに受け入れてくれることになり、その日はしっかりと準備してから挑みました。前の穴と違い、後ろの穴は本来性交に使うものではありませんので、アナルセックスをするならば相応の準備が必要です。

その準備が終わったところで入れてみると、これが大変気持ちよかったですね。前の穴も気持ちいいのですが、アナルはさらに締め付けがキツく、セフレ掲示板で遊びまくっている男性であってもすぐに出しそうになるでしょう。

そしてセフレもしっかりと感じていたようで、痛がることなくいやらしい喘ぎ声を聞かせてくれました。まさか初のアナルセックスがこんなに充実するとは思っていなくて、今では2人ともハマっています。

アナルも使わせてくれるセフレがいるとさらに捗りますから、お尻にも興味があるならセフレ掲示板にてこういう相手を探してみましょう。